• 【お知らせ】2019.01.07
    出展国数は8ヵ国に増えた。(オランダ、イギリス、デーマーク、ドイツ、アメリカ、イタリア、スウェーデン、台湾)

     
  • 【お知らせ】2018.12.24
    オランダパビリオンの出展企業数は10社に倍増。(GustoMSC、IX Wind、Wind Minds、MME-Group、Sif Group、Trelleborg Ridderkerk、TNO/ECN、Huisman Equipment、CAPE Holland、Tideway、Ampelmann、IHC IQIP)
 

  • 台湾政府は2025年の発電量に占める再生エネルギー比率を17年の5%から20%に引き上げるという目標を策定した。

  • その中で、洋上風力は再生エネの中で太陽光に次ぐ電源と定められ、関連の発電計画がすでに本格化し始めている。今後8年間に洋上風力発電への投資額は9,625億円(約3兆5000億円)に上り,洋上風力発電の導入量は3.5GWから10.65GWに増やす目標を掲げた。

  • 台湾海峡は特に冬場に強い風が吹き、世界有数の風力発電の適地。台湾本島の西側中部沖を中心に16カ所の「発電場」を設定し た。

  • 台湾政府は海外技術の導入や海外パートナーとの 第三国市場開拓連携を積極的に促す。

 
  • 高雄はアジア最大級の港を擁する台湾屈指の工業都市。

  • 台湾の風力発電関連企業は高雄に集中している。洋上風力発電の両大中核企業(中鋼、台湾造船)のほか、台湾港務、金属工業発展センターの本社も高雄にある。

  • 台湾初の「海洋技術産業創新パーク」は高雄の興達港に設置。 興達港は台湾の洋上風力発電の重要拠点となる。周辺地域は今後、台湾の陸上・洋上風力発電産業クラスターに発展すると予想される。

 
  • 風力発電に関する台湾唯一のB2Bの国際専門見本市。政府関係者・業界関係者が多数ご来場することと予想される。台湾の政策及び市場の最新動向を把握し、また自社の技術をアピールすることができる絶好な機会。

  • 風力発電に関するあらゆる製品・技術が出展。 台湾の業界及び各国関連企業とコネクションを作る

 
 
 
 

Keiwa Planning Co., LTD  All Rights Reserved.